1. 弁護士ナビトップページ > 
  2. 無料法律相談Q&A > 
  3. その他 > 
  4. 調停での和解
その他

調停での和解

今回の調停では車の修理代事件とでした。
その調停の時に慰謝料についても私は主張しています。
最初の調停申し立ての時も、金額に慰謝料も書きました。
裁判官が作成した和解書には車の修理代事件としか書かれておらず
和解の清算条項に本件に関し,何らの債権債務関係も無いとかいてあります。

調停のなかで慰謝料については決着がついていませんが、そのことは全く和解に記載されておらず、漠然と車の修理代は〇〇万円と書かれているだけです。
この場合、調停の申し立てとの時に慰謝料も含めた計算書も提出しましたが、和解書に本件においてと書かれているので、車の修理代だけの和解書で慰謝料は解決していないと主張して、慰謝料の訴訟は起こせますか?
もう和解が清んでいると裁判は退けられますか?

ID:9923 投稿日:2019/02/15 11:11:46 投稿:犬☆

違反報告

回答数 1件

太田香清弁護士

法律事務所
弁護士法人 リンデン法律事務所
住所
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-11 ストーク横浜二番館705
TEL
0120-055-350

>和解の清算条項に本件に関し,何らの債権債務関係も無いとかいてあります。

そうすると、新たに何か請求することはできません。

ID:A20190215123447 投稿日:2019/02/15 12:34:47

違反報告

この質問に回答する

投稿者

※弁護士として回答を登録する方はログインしてから回答を投稿してください。

質問への回答

※投稿前に必ず、利用の注意点・利用規約をご一読ください。

新しく登録された法律事務所
  • 企業法務
  • 破産・倒産
  • 民事再生
  • 労働関連
  • 税務起訴
  • 遺言・相続
  • 建築・不動産
  • 借地借家問題
  • 交通事故
  • 医療過誤
  • 離婚問題
  • 行政起訴
  • 人権侵害
  • 国際問題
  • 名誉毀損
  • 著作権・知的財産権
  • 債務整理・自己破産
  • 消費者問題
  • インターネット関連
  • 債権回収
  • 損害賠償
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • その他
質問する
初めての方
利用の注意点

回答数ランキング