1. 弁護士ナビトップページ > 
  2. 弁護士費用の相場

弁護士費用の相場

RATE OF COST

弁護士に相談する際、一番気になるのは費用です。
普段から頻繁に利用しているわけではないだけに、一般の人にとっては、料金相場というものがよくわからないのが実情です。
ここでは、弁護士に相談をするとき役立つように、用語・料金(金額)相場について、なるべくわかりやすくご紹介致します。

解説

1

弁護士費用の「種類」

法律相談料

弁護士に法律相談を行うことにより発生する費用です。
時間制で料金が発生することが多いです。

着手金

弁護士に対して、仕事の依頼をした段階で支払う費用になります。依頼した結果が、成功・不成功に関わらず、
支払った費用は返還されません。

報酬金

報酬金は、依頼に対する成功報酬です。依頼が終了した段階で、成功の程度に応じて弁護士に対して支払う費用です。依頼が不成功で終わった場合は、支払う必要はありません。

手数料

依頼した案件が、一回程度の事務的な手続きで解決する場合に支払う費用です。具体的には、契約書や遺言書などの作成、会社設立、相続放棄等の手続き、支払督促申立、登記などです。

実費

交通費や通信費・宿泊費など、依頼を行う上で、実際に発生する費用のことです。裁判を行うような場合の収入印紙代や記録謄写費用、内容によっては、保証金・供託金・鑑定料なども含まれます。

解説

2

弁護士費用の「相場」

※金額はあくまでも目安であり、実際の料金は各弁護士や法律事務所、事件の細かい内容や進行によって変わってきます。

法律相談

1時間の法律相談をした。

5,000円 ~ 10,000

交通事故

交通事故の被害者になり、1000万円の損害賠償を要求。保険会社からの提示金500万円を不服とし訴訟。1000万円の全額回収。
着手金
20万円 ~ 30万円
報酬金
50万円 ~ 70万円

離婚問題

夫の暴力が原因で離婚。慰謝料として200万円と3歳の子どもの親権・養育費として毎月3万円の支払いを得る。

1.離婚調停

着手金
20万円 ~ 30万円
報酬金
50万円 ~ 70万円

2.調停不調で訴訟

着手金
0万円 ~ 10万円
報酬金
20万円 ~ 30万円

3.訴訟のみ

着手金
20万円 ~ 30万円
報酬金
20万円 ~ 30万円

債権整理

消費者金融会社など10社から総額400万円の負債があり債務整理。200万円の過払い金があることがわかり、裁判に勝訴して200万円の過払い金を全額回収。
着手金
10万円 ~ 20万円
報酬金
20万円 ~ 40万円

自己破産

消費者金融会社など10社から総額400万円の負債があり債務整理。支払いが難しいため自己破産を申立て、免責が認められた。
着手金
20万円 ~ 30万円
報酬金
0万円 ~ 10万円

遺言

定型的な遺言書を作成。資産は、不動産・預金および株券で、評価額の総額は5000万円。
遺言書作成 手数料
10万円 ~ 20万円
遺言執行  手数料
40万円 ~ 100万円

欠陥住宅

土地付の新築住宅を2000万円で購入したが、建物自体が傾く欠陥住宅であることが判明。売主及び建築会社に対し、補修費用700万円、補修期間のレンタル住宅費用70万円、宿替え引越し費用30万円、慰謝料100万円、合計900万円の請求訴訟。全面勝訴し900万円を回収。
着手金
30万円 ~ 50万円
報酬金
90万円 ~ 100万円

※各弁護士費用は、日弁連が開示している「市民のための弁護士報酬の目安」を参考としております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載弁護士募集中 詳しくはこちらから
新しく登録された法律事務所
岩永総合法律事務所
東京都品川区東五反田1-21-9
エガリテ法律事務所
東京都中野区野方6-40-1
かえで通り法律事務所
東京都武蔵野市境南町2-10-21
高槻みらい法律事務所
大阪府高槻市天神町1-6-24
弁護士法人 吉田泰郎法律事務所
香川県高松市寿町2-2-10
弁護士法人 ニライ総合法律事務所
沖縄県那覇市西1-2-18
真和総合法律事務所
東京都中央区京橋1-1-1
半田知多総合法律事務所
愛知県半田市昭和町1-29
くにたち法律事務所
東京都国立市中1-16-32
北千住ACT法律事務所
東京都足立区千住1-4-1