1. 弁護士ナビトップページ > 
  2. 秋田県南秋田郡五城目町
  3. 労働関連

秋田県南秋田郡五城目町の労働関連分野の弁護士

フリーワードから絞り込む

検索結果 0件中1~-1件を表示しています。

対象データがありません。

労働関連とは?

労働関連における法規としては、大きく分類して、六法・労使・労働基準・労働市場・社会保障などが挙げられます。例えば六法は日本国憲法や民法・商法・刑法などがあり、労使では労働組合法、労働基準では労働基準法や最低賃金法・労働安全衛生法、労働市場では職業安定法や雇用対策法・雇用保険法、労働保障では健康保険法や厚生年金保険法・国民健康保険法・国民年金法・介護保険法…など、労働とは様々な法規によって規制されているのです。この背景には、労働の質や量、社会環境などの変化があり、時代の流れに沿ってこうした法規が制定されているわけです。ただし、それだけに労働関連の法規は極めて複雑化していることもまた事実と言えます。こういった状況の中、素人判断は非常に危険であり、専門家である弁護士の助言・判断を求めるべきでしょう。

秋田県に関する法律関連情報リンク

秋田県弁護士会

秋田県弁護士会は、県民が安心して弁護士に相談できる弁護士会を目指して活動しています。

東北弁護士会連合会

東北弁護士会連合会とは、東北地区における仙台(宮城)・福島・山形・岩手・秋田・青森の弁護士会からなる連合組織です。

秋田県の消費生活センター 国民生活センター

秋田県の消費生活センターは、北部と南部の消費生活相談室に分かれています。

秋田県警察

秋田県警察は、県民の安心・安全な暮らしを守るため、日々、治安維持や各種手続き対応を行っています。

裁判所|秋田県内の管轄区域表

裁判所|秋田県内の管轄区域表は、仙台の高等裁判所をトップとして、各地域を管轄する地方・家庭・簡易裁判所を紹介しています。

法テラス秋田|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ

法テラス秋田は、法的トラブルをサポートするために国が設置した司法支援センターの秋田事務所です。

掲載弁護士募集中 詳しくはこちらから

無料法律相談Q&A

税務訴訟

国税徴収法142条について教え…

国税徴収法142条に基づく家宅捜索と刑事訴訟法218条に基づく家宅捜索とではどちらがより強い権限を行使出来ますでしょうか? やはり令状がいらない国税徴収法のほうが強い権限を行使できるのでしょうか...

投稿日:2019/06/13 18:51:19

刑事事件

彼氏が強制わいせつ致傷罪で現行…

はじめまして。どうしたらいいのかわからないのでお知恵をお貸しください。 彼氏が強制わいせつ致傷罪で現行犯逮捕されてしまいました。 7/6付でまずは10日間勾留されています。因みに初犯です。 ...

投稿日:2014/07/10 12:38:07

税務訴訟

警察も脱税を取り締まれますか?

数年前に、福岡県北九州市の指定暴力団工藤會トップは所得税法違反で福岡県警に逮捕されていますが、所得税法違反の取り締まりって、国税局→地検なはずです。 警察も所得税法違反を取り締まれるんてすか? ...

投稿日:2019/09/01 20:01:54

その他

はじめまして

隣の家の無線?のアンテナがすんごくデカくて洗面所の窓をあけたらすぐ目の前にアンテナがあります。7年前くらいに一度私の家の屋根をつきやぶって寝室にアンテナの一部が落ちてきました。その時は誰も住んでいなか...

投稿日:2014/12/15 20:57:21

その他

警察官と市役所の職員、どちらが…

警察官と市役所の職員、どちらが法律の知識がありますか?...

投稿日:2019/09/01 13:00:58

刑事事件

交通違反の不服申し立てを出来る…

令和元年10月20日一時停止違反で交通違反(青切符)を切られました。 現場は本線からを側道へ合流する所ですけど、本線へ合流する直前に一時停止線があります。そこで私は一時停止しましたけど警官は車の窓越...

投稿日:2019/12/08 22:30:41

その他

家具の所有権

2世帯住宅に同居していた姉夫婦が両親と口論になり引っ越すことに。 姉夫婦が使用していた家具について、姉夫婦は結婚祝いにもらったのだから自分たちのものだと主張。一方、両親は家具を姉夫婦にあげた覚えはな...

投稿日:2019/12/08 00:47:17

消費者問題

料理教室の費用について

私は期限つき料理教室に通っていました。しかし私は期限が空いてしまい、期限過ぎてからの料理教室の参加を先生の承諾を得て通い終わりました。がトラブルがあり、先生が怒ってしまい、後になって期限過ぎてからの料...

投稿日:2019/12/07 23:33:02

刑事事件

業務上横領

48歳の姉が450万円の業務上横領全て認め、会社と和解し、毎月返済しておりましたが、会社方針で告訴、受理に至りました。また、告訴状には450万円の横領だが、211万円を告訴する、とあります。現在も...

投稿日:2019/12/06 22:34:15

損害賠償

投資での損失補填について

損失補填は株やFXなどの金融商品については禁止されているそうですが、全ての投資において損失補填を前提に契約することは禁止なのでしょうか? ...

投稿日:2019/12/05 18:45:29