1. 弁護士ナビトップページ > 
  2. 東京都 > 
  3. 千代田区 > 
  4. つまこい法律事務所
  5. コラム

つまこい法律事務所

住所
東京都千代田区外神田6-16-9 ICOPビル7F
TEL
03-6806-0265
業務時間
9:00~18:30
定休日
土曜日・日曜日・祝日(土曜・祝日相談可)
公式HP
http://tsumakoi-law.com/

つまこい法律事務所のコラム

投稿:佐久間大輔

出張中に労働災害に遭った場合

 出張中に労働災害に遭った場合、まず「業務上」と認められるかどうかが問題となります。残業代が発生するかどうかに関しては、自宅と出張先との間の移動は一般的に労働時間とはみなされないことが多いのですが、労災の場合は、自宅を出てから自宅を戻るまで、移動時間や宿泊中も含めた全行程が業務の遂行と認められます。

 ただし、宿泊先のホテルで泥酔して階段を踏み外したとか、ホテルへチェックインした後に私的な飲食で外出した際にケガをした場合などは、業務の範囲外とみなされます。そもそも出張を業務として命じられていなかったり、日当が支給されていなかったりするなど、会社の指示で出張したといえない場合も、業務の範囲外と判断されることがあります。

 食品会社の陸上部に所属する選手が1990年に日本代表チームの合宿に向かう途中に交通事故死したケースについて、業務命令の有無が争いになりました。労働基準監督署長は、「日本陸上競技連盟が個人の資質に着目して選手に参加を依頼した」として、会社の業務命令による出張と認めませんでした。しかし、遺族の再審査請求に対して労働保険審査会は、会社が合宿への参加を承認し、移動に使った車を手配して経費の負担を負担していることなどから、会社の指揮監督・管理下にあり、業務中の事故と判断しました。

 研究所勤めなどの方は、遠方の研究会や学会に参加することもあると思います。会社の業務命令による出張と言えるかどうか、踏まえておく必要があるでしょう。

 では、過労死の場合には、出張先との間の移動時間は、労働時間に算入されるでしょうか。

 この点につき、自宅から車を運転し、頻繁に遠方まで出張していた営業マンのケースがあります。東京地裁は、2008年6月、公共交通機関での移動が不便で車を使うしかなく、車での移動時間も含めて長時間労働とみなし、長時間の運転も疲労を蓄積させたとし、過労死と認める判断を示しました。ただ、公共交通機関を利用した場合には労働時間と認めていないケースもあり、事例によって判断が分かれています。

2017/02/01

このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載弁護士募集中 詳しくはこちらから

感謝コメント

この法律事務所への感謝コメントはこちら

※「感謝コメント」は承認後の掲載となります。