1. 弁護士ナビトップページ > 
  2. 無料法律相談Q&A > 
  3. 刑事事件 > 
  4. 業務妨害の対象が漠然としている時の違法性
刑事事件

業務妨害の対象が漠然としている時の違法性

業務妨害について質問です。
威力業務妨害、偽計業務妨害共に言葉による威力や偽計であった時、その対象が特定しきれない漠然とした対象であった時刑事で違法性はあるんでしょうか?
例えば「〇〇駅で✖✖(威力を示す)する」とネットで書き込んだ時、〇〇駅がそれを警戒して警備員を増やしたりして逮捕された事案はあります。
しかし、「駅で✖✖(威力を示す)する」とネットに書き込んだ時、〇〇駅が「自分の駅かもしれない」と言う理由で仮に警備員を増やしたとしても威力業務妨害は成立するのでしょうか?
バタフライ効果のような結果として業務に支障がでたら犯罪なんでしょうか?

ID:9237 投稿日:2018/07/12 17:54:49 投稿:あーちゃん

違反報告

回答数 0件

この質問に回答する

投稿者

※弁護士として回答を登録する方はログインしてから回答を投稿してください。

質問への回答

※投稿前に必ず、利用の注意点・利用規約をご一読ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しく登録された法律事務所
  • 企業法務
  • 破産・倒産
  • 民事再生
  • 労働関連
  • 税務起訴
  • 遺言・相続
  • 建築・不動産
  • 借地借家問題
  • 交通事故
  • 医療過誤
  • 離婚問題
  • 行政起訴
  • 人権侵害
  • 国際問題
  • 名誉毀損
  • 著作権・知的財産権
  • 債務整理・自己破産
  • 消費者問題
  • インターネット関連
  • 債権回収
  • 損害賠償
  • 刑事事件
  • 少年事件
  • その他
質問する
初めての方
利用の注意点

回答数ランキング